自然素材を利用した新築一戸建てを探す会関東支部。

自然素材で構成された健康な住宅

近年、健康指向の広まりにつれて食材や身に着けるものをできるだけ自然素材にしようと考える人が増えています。そんな中で、生活の基盤である住宅についても、有害な化学物質とは無縁の自然素材で構成された健康な住宅を指向する事が大切です。

健康住宅

そんな要請に応えてくれるのが健康住宅です。健康住宅は、室内の壁面に天然系素材を採用した塗り壁とし、室内に安らぎと清潔感を与えてくれると共に、調湿効果や断熱性、保温性にも優れた住居としています。
構造体の木材も、もちろん自然素材の無垢材をふんだんに採用し、強度を確保すると共に木材の吸湿・排湿効果で適度な湿度を維持できる様にしています。

新築一戸建ては自然素材

また建物完成後には、住宅内部に壁・床・天井・収納内部・カーテン・クロス・家具等にSODリキッドという液状の抗酸化物質を吹き付け、カーテンやクロスや家具から放出される健康を害するホルムアルデヒドを分解・抑制したり、防腐・防カビ効果を半永久的に得られる処理も行っています。
健康への拘りとしては、住居内へ供給する水すべてを一括浄水するシステムも採用し、自然な水にまで配慮を施しています。
健康を考えるなら、新築一戸建ては自然素材に拘った健康住宅がお勧めです。

家を買う

私の住む所では新築の今風のアパートに住む家賃と、新築を手ごろに買ったローンの額とほとんど変わらないか、むしろ安くなることがあります。
ですから結婚して特に子供ができたら家を建てる傾向があります。
友人の話を聞くと「親の土地をもらって、そこに家だけ建てた」といううらやましい話も多いくらいです。
私は大阪からの移民ですので土地から買う必要があり、大変ですが、それでもやはりローンをシュミレーションするとアパートと同じくらい、思い切って買うことにしました。

ハウスメーカー選び

家を建てるといってもどこに頼んだらいいのか? 難しい問題でした。
どこのハウスメーカーも特徴があり、得意なところが違います。
回れば回るほどわからなくなりましたが、良い工務店と出会い、一番安心して任せられるメーカーだと思いました。特に担当していただいた方が親身に対応していただいたのが大きかったです。
子供もとても懐いていました。

土地選び

どこに家を建てるか? これも大きな問題でした。
子供のことを考えれば学校が近く、病院も近い方がいいですし、将来のことを考えれば、車を使わずに買い物に行けるスーパーの近さも理想ですし、いざ大雨が降っても災害に遭いにくい場所がいいとか。
自分たちでも不動産屋を回りいろいろとみてみましたが、ハウスメーカーの担当の方も情報を集めていただき、ほぼほぼ理想に近い場所が見つかりました。

やはり家を建てるときはどんな担当者さんと出会えるか、信頼できるハウスメーカーさんと出会えるかでぜんぜん違ってくるのかと思います。
そこには時間をかけてもこだわっていくと、きっといい家が建てられるのではないでしょうか。

PR|健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣英語上達の秘訣内職 アルバイト女性向けエステ.comJALカードクレジットカードの即日発行じゃけん住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科貯蓄