和のテイストを取り入れたおしゃれな家

私の憧れの田原で新築に建て替え

「おしゃれな家」と聞いて思い浮かぶのは、ヨーロッパやアメリカのテイストを取り入れた洋風のもの、または、バリなどのアジアンテイストのものが多いのではないかと思います。

和の雰囲気

私もその一人で、北欧のお家に憧れ、北欧家具や雑貨を集めていました。けれど、先日お邪魔した知人のお宅で、和のおしゃれなお家の良さに気付きました。そのお宅は、お部屋はすべて琉球畳が敷かれていました。家具は、畳との相性が良い北海道や飛騨で作られているものでした。ダイニングには、座卓ではなくダイニングテーブルと椅子が使われていましたが、木のぬくもりが感じられるどっしりとした重厚なもので、畳の上でも違和感はありません。

何時間でも眺めていたい家

ランプシェイドも、籐と和紙で作られたもので温かい雰囲気を演出していました。古道具屋で買ったというキャビネットの上には、有田焼の大皿が飾られていました。クッションカバーも和絣や着物をリメイクしたという徹底ぶりでした。数時間お邪魔させていただきましたが、何時間でも眺めていたいおしゃれなお家でした。