生活感を目隠しで消してカフェのような家に。

カフェのような家

目指したいのでしたら、物をできるだけ出さないことです。「とにかくしまう!」を心がけるといいでしょう。「え、でもカフェって結構ごちゃごちゃ置いてあるじゃん」と思う人もいるでしょう。しかしよく思い出してみてください。カフェで出されているものは、「見せるためのオブジェ」的なものでしょう。本でも雑誌でもオブジェにしても、カフェのインテリアを盛り上げる要素ですからね。

ですから実は

カフェに置いてあるいろいろなものに、生活感だってないのです。そのことを考えてみれば、やはり「生活感が満載なもの」は極力しまった方がいいでしょう。難しく感がることはないのです。収納を新たに増やす必要もないでしょう。自然素材のカゴにものをしまえばいいのです。

他にも、

かわいい柄の布をかぶせるのもいいでしょう。目隠しをすることで、生活感はグッと減りますから、一気にカフェのような家に近づくでしょう。そしてオブジェは効果的に出して。