注文住宅を建ててみて

実際に注文住宅を建ててみて

1.なぜ注文住宅にしたのか

中古物件に住んでしまいました。
安さから、建売を見に行きまし。
だけどイメージに合わないのです。
自分の好きな間取り、動線、子供や家族の住み方をイメージすると、建売では実現しません。
自分の理想の家に住むには、美濃加茂市で注文住宅しかないと思いました。

2.大手メーカーに注文してみて

ある大手メーカーに注文住宅をお願いしました。
担当者とのやり取りで、夢も希望も膨らみます。
イメージできる間取りが決まり、細かい打ち合わせにイライラドキドキしました。
担当者のアイデアが使えるようで、使えなくて自分で決めたようになりました。
その分、満足が行くはずと出来上がりを楽しみにしました。

3.建築着工して

大手メーカーとはいえ、結局下請け業者に頼むのです。
素人目に見て、この床おかしいでしょ?
この曲がったやつを使うのはどうなんですか?
と担当者に苦情を入れたことも。
結局下請け業者しだいで、大手メーカーは点検だけでした。
苦情対応はしてくれるものの、見えないところは不安だらけでした。
そんな思いで出来上がった家はイメージどおりでしたが、考えた時間が多いところほど、不満が残るのです。
すぐに決まったところは、ほぼ満足でした。

今から建てる人にアドバイスは
下請けが入らないメーカーを選ぶこと
住むイメージを煮詰めておくこと
建て始めて毎日自分で確認すること
をおすすめします。