新築一戸建ての見るポイント

【新築は資産としてみない】

新築、一戸建てというのは住むことにはとても良いのですが資産価値という点においては最も行ってはいけない買い方となります。新築である以上購入した場合、その瞬間に中古と言うことになります。ですから、それで思いっきり価値が下がることになるからです。

【住むのであればよい】

新築、一戸建てを購入する価値はないのか、ということになりますがそんなことはないです。自分が住むのであれば綺麗な方が良いに決まっていますし、新しいことにメリットを見出すと言う事は決して悪いわではないですし、そこに意味はしっかりとあります。

【立地が大事】

住むことを前提にしている新潟市の新築、一戸建ての場合、何を重視するのか、と言えばやはり立地です。必ずしも都市部にあることが重要というわけでもないのですが自分の仕事の関係で最も良いような立地の住宅を購入するということが人生のプラスになる住宅の買い方であると言えるのは間違いないでしょう。大原則はそこにあるといえます。生活があってこその新築、一戸建てなのです。ですから、仕事を含めた生活環境の立地で決めましょう。