ヒートショックと家の寒さについて

【在来浴室の冬は過酷】

近年建つ家のほとんどは最初からシステムバス・ユニットバスを導入してます。私の長岡市の注文住宅もシステムバスです。システムバスは清掃性や保温性が高く、在来浴室からリフォームされる方もシステムバスに変更される方がほとんどです。なぜなら、在来浴室は冬場がものすごく寒いからです。浴室は方角的にも日の当たらない北側に設置されていることが多く、また素材もタイルなどの石材で出来ているのと、システムバスと違い外壁に面しているため冷気がダイレクトに伝わってキンキンに冷えているのです。そこへ裸で乗り込んでいくのですから在来浴室の冬場は毎日が試練のようなものなのです。

【ヒートショックの危険性】

寒い浴室に暖かい湯船。この組合せは【ヒートショック】を引き起こしてしまう恐れがあります。ヒートショックとは、血圧の急激な変化によって体にかかる負担のことで、最悪の場合には心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまう場合があります。風呂場のケースでいうと、寒さのせいで血管が萎縮し血流が悪くなっている時に、熱い湯船に浸かることでそれまで萎縮していた血管が急に広がり、一気に血流が良くなることで体に負担がかかることになります。

【ヒートショックを防ぐには】

セラミックヒーターなどの小型暖房機を洗面所に設置してしばらく暖めておく、服を着たままでいいので湯船のお湯を数回洗い場のタイルにかけて地面を暖めておく、温水シャワーをタイルにまんべんなくかけて室内を暖める、などがあります。これをすることで多少は被害を抑えることが出来るのです。