お年寄りに優しい住宅とは。

新築を作るときに、一緒に親と同居することもありますね。その時、自分は良くても親が安心して暮らすことができる家として考えたいですね。そのように安心できる家とは、どんな家なのかご紹介します。

・階段が急でない

家の中で事故が起こりやすいのは、なんといっても階段です。階段を上がる時は、そんなことは少ないのですが降りるときに危ないです。手すりがあることはもちろんのこと、階段が急ではない緩やかであるようにします。

・電動雨戸シャッターがる

雨や風が強い時などに、とても頼りになるのは雨戸です。しかし昔の家では、その雨戸を閉めたいと思った時、大変な重さであったことを覚えていませんか?そのことは、とても辛いことですね。そんなことがないように、雨戸については電動であると助かります。

・床が滑りにくい

フローリングの床は、案外と滑りやすいです。そのことは、転倒する危険性があるのでとても危ないのです。そこで転倒してしまったら、骨折をしてしまうことがあります。そのため、フローリングの床は、できるだけ滑りにくいものを選びましょう。